輸出取引について 

1. 直接輸出 と 間接輸出

商社などの貿易会社を通じた輸出を「間接輸出」と呼びます―これは貴社にとっては国内取引です。 一方、貴社が直接海外客先に輸出する事を「直接輸出」と呼びます。

   

直接輸出の有利性:-

   - 中間業者を経由しないので、価格競争力が高まる。

      - 海外から、直接、新鮮で正確な情報が得られる。

インターネットやメールが情報ツールとして広まり、国際物流技術も進歩し、もはや輸出といえば 「直接輸出」 が当たり前の時代となりました。 

「直接輸出」 を行う為には、輸出商社が受け持っていた業務を自社で行なう必要があります。 具体的には:−

   - 取引き計画

      -  取引き先の開拓/商談

      -  実際の契約/輸出業務

      -  取引き全体の管理

これらの業務を適切に実施するには高度な知識と経験が必要です。 例えば、最近新聞などで企業名を挙げて報道されているような 「安全保障輸出管理」 上の違法取引などにも十分な注意が必要です。

ジョブ 貿易事務所 は、このような専門業務を総合的に、一貫して取扱い、貴社の「直接輸出」を適法に、そして経済的に、支援致します。

 

2. 貿易事務所

「貿易事務所」 という言葉はご存知でしょうか? この言葉は、昭和60年の ジョブ 貿易事務所 の創業時に作られた言葉です。

昭和60年当時には、「貿易相談」や「貿易代行」という言葉が類似分野で主に使われていたようですが、いずれの名称も ジョブ 貿易事務所 の業務内容を包括することが出来なかったため、新しい名称を採用致しました。 新しいコンセプトを表現するには新しい言葉が必要になったという事です。 (一部の国の公的な通商窓口の名称として「貿易事務所」という言葉が使用されているようですが、それとは異なります。)

 

ジョブ 貿易事務所

お問い合わせはこちらへ:

ジョブ 貿易事務所 ホームページへ戻る  

 

Copyright (c) 1998-2019 JOBB

All rights reserved

輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出 輸出