貿易取引で陥りやすい「落とし穴」

貿易取引の落とし穴

外国と商取引を行なう際に、陥りやすい「落とし穴」があります。 国内取引では考えられないようなリスクがあります。  ジョブ 貿易事務所 の 20年の貿易コンサルティング経験に基づいて、意外な 「落とし穴の実例」 をいくつか紹介いたします。

 

1. 翻訳ソフト

最近、非常に多いのがこの 「翻訳ソフト」 を使用した事による海外取引き先との商談のトラブルです。  以前はこのような問題は皆無だったのですが、パソコンの普及と共に問題件数が増加して来ています。

先日も、ある企業から相談を受け、調査してみた結果、原因は翻訳ソフトの誤訳にありました。 英語が苦手だから翻訳ソフトに頼りたくなるという事情も理解できますが、この点には十二分の注意が必要です。 日常の挨拶程度なら翻訳ソフトも有効でしょうが、現実の商談に翻訳ソフトは使えないと思います。 この種のソフトは 「翻訳支援ソフト」 であって、ある程度英語を理解している人が翻訳作業の手助けとして用いるソフト(つまり、ソフトが誤訳をした時には、その誤訳に気付く人が使えるソフトであって)、誤訳に気付かない人が用いるのは、大変危険です。

ジョブ 貿易事務所 も、全ての翻訳ソフトを試用してはおりませんが、現実の問題として翻訳ソフトの誤訳を原因としたトラブルが発生して来ております。

もしも、このページをご覧になっている翻訳ソフト関係の方で、「自社のソフトは誤訳問題が起こらない」とお考えの方がいらっしゃれば、是非ご連絡下さい。 対象は、日本語から英語に翻訳する場合です。

ジョブ 貿易事務所  

お問い合わせはこちらへ:

業務案内のページへ

ジョブ 貿易事務所ホームページへ戻る

 

Copyright (c) 1998-2019 JOBB

All rights reserved

貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴 貿易取引の落とし穴