貿易取引 と リスク管理

貿易取引は、企業の取り引き市場を大きく広げてくれます。  しかし、そこには色々なリスクが潜んでいます。 英語の risk (= リスク) とは「事前に把握した上で、敢えて冒していく危険」 の事です。  一方、被害が予測できない、決して近寄ってはいけない危険は danger (= デインジャー) と呼びます。  リスクとは事前に把握しておくべき危険の事なのです。  従って管理しておく事が大切なのです。  ここでは、貿易取引に固有のリスクについて概略を紹介致します。

 

貿易取引には、国内取引には見られない独特のリスクがあります。 商行為の取引ですから色々なリスクもあって当然ですが、事前にそれらのリスクを想定し、研究し、対策を講じておく事は可能です。  リスクの内容が事前に分かっていれば、それをコントロールする事も出来ると考えています。  貿易取引のリスク・マネジメント(リスク管理)を確実に行う為に、貿易取引に係わってくる色々なリスクについて列挙したいと思います。
 

1. カントリー・リスク

これは海外との取引に固有に起こるリスクです。  ある国の政府が転覆したり、天災などで大きな被害が出て、貿易取引に影響が出てしまう事があります。 これらのリスクを総称してカントリー・リスクと呼んでいます。  「日本」も、海外の国から見れば、一定のカントリー・リスクがありますが、一般的には政情や治安状態が不安定な国との取引の場合に、カントリー・リスクを十分に検討する必要が出てきます。

例えば、ある国 (「A国」 と呼ぶ事にします)の会社と順調に日本への輸入の商談を進めて、いざ商品が出荷される段階になってA国に暴動がおこり、道路や港湾設備が閉鎖されれば、商品の出荷は出来なくなってしまいます。

或いは、A国の法令が突然変更され、日本への輸出が出来なくなってしまうという事もあり得ます。
 

2. 通関に関するリスク

輸出や輸入取引には、「通関手続き」が必ず発生します。 通関を行う際に、税関に対してどのような商品をどこの誰宛てに輸出する、或いはどこの誰から輸入するというような内容を申告して、輸出や輸入の許可を得る必要があります。  現在の日本の法令では、取引先の国や取引相手、取引する商品によって、一定の制限が課せられています。 どのような商品でも自由勝手に輸出したり、輸入できる訳ではありません。

例えば、A国の会社と順調に輸出の商談を進め、いざ輸出の段階になって輸出申告をしたら、輸出許可が得られないという事も起こりえます。

同様に、A国からある商品を輸入する商談を進め、商品が既に東京港に到着したので輸入申告をしたところ、輸入許可が得られないという事も起こりえます。
 

3.  為替リスク

日本の通貨 「円」 も近年では海外との代金決済に用いられる機会が増えて来ていますが、やはり U.S.ドル や ユーロ などを決済通貨として使用する場面は多くなります。  そこで、国内取引では通常発生しない 「為替リスク」 というものが出てきます。  為替リスクの管理で難しい点は、「為替差益」と呼ばれるように、時には予想外の利益が生まれてしまう点にあるように思います。 激しく移り変わる世界情勢の中で、外国為替の変動相場を正確に予測する事は不可能です。 しかし、為替リスクというものを無視して貿易取引に取り組むべきではありません。

 

4. 長距離輸送に関するリスク

当たり前の事ですが、外国との取引には長距離の商品輸送が必要になります。  輸送距離が長くなれば、それだけ輸送中に起こり得るリスクが高くなる事になります。 大洋を航海する外航船の場合では、台風などによる積み荷の被害も起こるでしょうし、最悪の場合は船が沈没する事もありますし、飛行機の墜落事故が起これば積載している貨物も被害を受ける事になります。
 

5. 品質や数量に関するリスク

特に輸入取引の場合に注意すべきリスクとして、輸入した商品を検品した段階で、発注したた品質とは異なる商品が送られて来ていた事が分かったり、発注数量よりも少ない商品しか到着しなかったりするリスクも考えておく必要があります。 国内取引ならば、返品作業や、再出荷も容易に行えるでしょうが、国際取引の場合はそう簡単ではありません。
 

6. 納期に関するリスク

約束した納期から大幅に遅れてしまうというリスクも起こり得ます。  ヨーロッパと日本との間を船で輸送する場合、航海日数だけでも45日程度掛りますから、納期遅れを取り戻そうとすれば飛行機輸送も考える事になります。 もちろん、飛行機輸送では、輸送コストは大幅アップになってしまいます。

品質違いや納期遅延のリスクは、「商機の逸失」 につながります。 十分な対策が必要です。
 

7. 言語に関するリスク

見落としがちなリスクとして、言語の違いによるリスクがあります。  一般にはあまり知られていませんが、貿易取引に使用する書類はほとんどが英語で書かれています。 実質的には、英語を使って商取引を行う必要があります。 取引先が 中国、韓国、フランス、ドイツ など、英語を母国語としていない国であっても英語が使われています。

日本語と英語には、当然、ニュアンスの違いや微妙な表現の違いがあります。  この 「些細な違い」 が、現実の取引では大きな問題に膨れ上がってしまう事があります。

「貿易英語」などという言葉がありますが、貿易取引に使用される英語には 「特殊な意味をもつ英語 = Technical Terms」 というものがあります。  大きな辞書を引いても、最後の方に出てくるような意味で使用される事があるので、言語に関するリスクを軽視する事は 商取引を進める上で大きな障害となり得ます。
 

8. 文化の違いによるリスク

文化の違いによって起こり得るリスクも忘れてはいけません。  言わずもがなの 「常識」 に、落とし穴があります。  例えば、日本の洋服のMサイズと、アメリカのMサイズでは、違う大きさを指します。  お互いに相手の事が良く分かっていると思いながら、大きな誤解へと突き進んでしまうところにこの種のリスクの恐ろしさがあります。  仕事に対する意識や、宗教上の問題など、文化ギャップのリスクは広範囲に広がりますから、相当な注意が必要になります。

 

9.  国際詐欺集団 の リスク

最後に、国際詐欺集団 や 詐欺に関するリスクにも注意が必要です。  前項の「文化の違い」にも関係していますが、日本では信じられないような詐欺の手口や、大がかりな国際詐欺集団というものが存在しています。  ジェトロ(日本貿易振興機構)などでも詐欺の手口を紹介したりして注意を喚起する情報を提供していますが、国際的な詐欺事件は年々手口が巧妙になって来ています。  偽造した小切手なども、平気で送り付けて来ます。  初めから、日本の企業を狙い撃ちにして来る詐欺集団もありますから、この手のリスクには余程の注意が必要という事になります。

 

10.  「番外編」   自己流 貿易 の リスク

番外編として、ジョブ 貿易事務所 の33年わたる貿易コンサルタントとしての経験から指摘しておきたいものとして「自己流貿易のリスク」があります。 近年は、外為法の規制が緩やかになり、国際物流 や 国際情報伝達 の 技術革新などにより従来よりも貿易取引が簡便になって来ています。 その弊害として、自己流の貿易手続きでも、一見して順調に取引が出来ているように感ぜられる事があります。 実は、ここに大きなリスクがあるのですが、当事者にはその点が分かりません。

貿易取引は、大航海時代をはじめ、長い歴史の下に発展、工夫され、システム化されて来ていると言えます。  私達の21世紀の貿易取引も、その大きなシステムの中で機能しているという事を忘れてはいけません。  貿易に関する各種手続きなどは、「貿易商務論」という学問にさえなっています。  貿易取引を進める上での一つ一つの手続きや、一枚の書類にも、貿易と云うシステムの中ではちゃんとした意味があるのです。

しかしながら、このシステムの全体像を理解せずに自己流貿易で突き進むと、一つの手続き、一枚の書類の持つ意味がどこかへ忘れ去られ、長い歴史の中で、先人達が幾度となく失敗を積み重ね、高い代償を払いながら作り上げられてきた「貿易システム」の安全性が損なわれてしまうのです。

実践無き理論は空虚であるが、理論無き実践は危険である。

 

ジョブ 貿易事務所  

お問い合わせはこちらへ:

ジョブ 貿易事務所ホームページへ戻る

 

Copyright (c) 1998-2019 JOBB

All rights reserved